慶應SFC 総合政策学部 2020年 小論文 解説【林塾長作成】

大問1

400→(60/200)

議論の整理

……資料1〜5(20/60)

……各(4×5/20)

……各々の主語/動詞があれば各2(資料4・資料5は重複なので各4)、抽出部分の論点がズレている場合、具体例に寄り過ぎてる場合は点数各1に、漢字・送り仮名ミス各-1

資料1では、近年民主主義の後退がトランプ政権などによりさらに進んでいるとされる。資料2では、民主主義の核心である発言権・公民権の平等が損なわれることで、民主主義が危機を迎えているとしている。資料3では移民の国籍取得に高いハードルを課す日本の方向性を支持している。資料4・資料5ではテクノロジーの発展により類似の意見ばかりに触れるようになり人々の視野狭窄を招いているとしている。(188)

問題発見

……なぜ「民主主義の後退」と呼ばれるようなことが世界中で起きているか(5/60)

……同内容が書けていれば5、問いかけ口調は-1(問いかけに対する答えが人によって違うので誰しもが同じ解釈ができる小論文にならないため)、漢字・送り仮名・体言止めなど書き方ミス各-1

ここで、なぜ「民主主義の後退」と呼ばれるようなことが世界中で起きているかについて考えたい。(45)

論証

……論証(20/60)

……ぱっと思いつく原因10/20、原因の原因10/20、原因・原因の原因ともに因果関係になっていなければ点数はゼロに(言い換えなどはダメ)、論証方法は言い分方式、MECE、演繹法(三段論法)、帰納法、背理法、などでも良い。ただし帰納法の場合は例外検討がなければ点数半減。主語・動詞5×2/10、漢字・送仮名・体言止めなど書き方ミスミス各-1

まず、民主主義の後退の要因として考えられるのがSNSの普及とそれに伴うメディアの衰退である。なぜなら、SNSにはメディアと異なり情報の正しさではなく、情報の拡散力の強さによって、情報の取り扱いの大きさが決まる性質があるためである。(111)

結論

……結論(5/60) 、漢字・送仮名・体言止めなど書き方ミス各-1

よって、民主主義の再興のためには情報の妥当性により扱いが変わるメディアの再興が必要である。(45)

吟味

……吟味(10/60) 、漢字・送仮名・体言止めなど書き方ミス各-1

……アイディア5、それに対しての吟味5、またここで考え方に新規性がなければいずれも点数は3ずつに減点

こうした取り組みとして、排他的な会員制メディアなども考えられるが、そうしたメディアが持つ視野狭窄を防ぐ仕組みが必要不可欠であろう。(65)

 

資料1では、近年民主主義の後退がトランプ政権などによりさらに進んでいるとしている。資料2では、民主主義の核心である発言権・公民権の平等が損なわれているとしている。資料3では移民の国籍取得に高いハードルを課す日本の方向性を支持している。資料4・資料5ではテクノロジーの発展により類似の意見ばかりに触れるようになり人々の視野狭窄を招いているとしている。

ここで、なぜ「民主主義の後退」と呼ばれるようなことが世界中で起きているかについて考えたい。

まず、民主主義の後退の要因として考えられるのがSNSの普及である。なぜなら、SNSには情報の正しさではなく、情報の拡散力の強さによって、情報の取り扱いの大きさが決まる性質があるためである。

よって、民主主義の再興のためには情報の妥当性により扱いが変わるメディアの再興が必要である。

また、そうしたメディアが持つ視野狭窄を防ぐ仕組みが必要不可欠であろう。(389)

 

大問2

  • 200→(40/200)

結論

……これから多様性が提起する問題に向き合いながら開かれた共同体を形作ることができるか否か→出来ない(10/40)

私は、日本は多様性が提起する問題に向き合いながら開かれた共同体を形作ることが出来ないと考える。(47)

根拠

……図表2、3、4(20/40)

……図表2・4(10/20) 、主語・動詞各5、漢字・送仮名・接続・体言止めなど書き方ミス各-1

……図表3(10/20) 、主語・動詞各5、漢字・送仮名・接続・体言止めなど書き方ミス各-1

……出来るにした場合根拠に資料に基づく点、新規性がなければそれぞれ-5(-5×2=-10)

なぜなら、図表2・4にあるように外国人は増加しているものの、図表3にあるように留学・技能実習など短期移民が多いためだ。(59)

具体例

……具体例(10/40) 、主語・動詞各5、漢字・送仮名・接続・体言止めなど書き方ミス各-1

また、安倍首相も移民政策を否定し、あくまでも短期の単純労働力の移入を意図していることからもこのような傾向は明らかだ。(58)

 

私は、日本は多様性が提起する問題に向き合いながら開かれた共同体を形作ることが出来ないと考える。なぜなら、図表2・4にあるように外国人は増加しているものの、図表3にあるように留学・技能実習など短期移民が多いためだ。また、安倍首相も移民政策を否定し、あくまでも短期の単純労働力の移入を意図していることからもこのような傾向は明らかだ。(164)

大問3

  • 200→(40/200)

 

結論

……「民主主義はテクノロジーに合わせて設計されていない。これは誰の落ち度でもない」→正しくない*1

……(10/40) 、対象語・動詞各5、漢字・送仮名・接続・体言止めなど書き方ミス各-1、正しいにした場合後の根拠に新規性がない場合-10

私は、「民主主義はテクノロジーに合わせて設計されていない。これは誰の落ち度でもない」という意見は正しくないと考える。

根拠

……公共空間の定義*4(10/20)、ソーシャルメディアが公共空間のあり方をどのように変容させたか*2(資料4・資料5)(10/20) 、主語・動詞各5、漢字・送仮名・接続・体言止めなど書き方ミス各-1

……(20/40)

ここでいう公共空間とは、人々が営利性を離れて公のために論を戦わせたり、論争を見る場所のこととする。ところが、ソーシャルメディアは妥当な情報に対し利用者がお金を払う形ではなく、利用者が閲覧中に見た広告収入により成り立っているため、情報の正しさではなく情報の拡散力の強さで情報の扱いの大小が決まる形に公共空間のあり方が歪められた。

具体例

……資料5で論じている情報伝播の特性*3(10/40) 、特性≒原因、結果各5、漢字・送仮名・接続・体言止めなど書き方ミス各-1

その結果、資料5にあるように人種間などの憎悪を招く情報が大きく扱われるようになり、民主主義の危機をもたらしている。これはソーシャルメディアの性質に由来するもので、ソーシャルメディアには責任があると言える。

 

私は、この意見は正しくないと考える。なぜなら民主主義の危機はソーシャルメディアの特性によりもたらされたものだからだ。

ソーシャルメディアでは情報の拡散力の強さで情報の扱いの大小が決まる形に公共空間が変容したため、人々が公のために論を戦わせる公共空間のあり方が歪められた。

その結果、資料5にあるように人種間などの憎悪を招く情報が大きく扱われるようになり、民主主義の危機をもたらしている。(191)

大問4

  • 400→(60/200)

 

議論の整理……各資料を日本に引きつけて読む(資料1-5)

……(10/60)

……資料1〜5・各2×5、主語・動詞各1(重複の場合は内容が合っていれば点数は満たす)、漢字・送仮名・接続・体言止めなど書き方ミス各-1

資料1・2では、民主主義社会の諸原則に触れられているが、既得権者が大きな力を握る我が国の現状を考えるとこうした原則は十分に守られていない。資料3では移民に閉鎖的な日本社会が称賛されているが、そうした閉鎖的な社会が経済の閉塞感を生み出している。資料4・5ではソーシャルメディアが民主主義にもたらす影響を分析しているが、日本でもヘイトスピーチなどが問題となりグローバル化の障害となっている。(193)

問題発見……日本の民主主義の状況をどう診断できるか

……(10/60) 、漢字・送仮名・接続・体言止めなど書き方ミス各-1、新規性がなければ-5

私は、日本の民主主義の状況は、「建前上の民主主義」だと診断する。

論証……論証

……(20/60)

……言い分A、言い分B各10、ぱっと思いついた原因、原因の原因各10、漢字・送仮名・接続・体言止めなど書き方ミス各-1、新規性がなければ-10

まず、各々の国民が経済的に公権力から独立することで、政治的な思想信条でも独立を保つことができる。一方、資料2にあるような政治のあり方により、各々の国民が経済的に公権力から独立していなければ、自らの生活が特定の政治権力に委ねられることになるため主体的な判断は期待できない。

結論……結論

……(10/60) 、漢字・送仮名・接続・体言止めなど書き方ミス各-1

よって、日本では「建前上の民主主義」は実現可能だが、民主主義の果実を本質的に享受することは困難である。

吟味……吟味

……(10/60) 、漢字・送仮名・接続・体言止めなど書き方ミス各-1

現在の日本は、税収の2倍の予算規模、GDPの2倍の政府債務を抱えた大きな政府であり、こうしたあり方を見直す必要があるだろう。

 

資料1・2では、民主主義社会の諸原則に触れられているが、既得権者が大きな力を握る我が国の現状を考えるとこうした原則は十分に守られていない。資料3では移民に閉鎖的な日本社会が称賛されているが、そうした閉鎖的な社会が経済の閉塞感を生み出している。資料4・5ではソーシャルメディアが民主主義にもたらす影響を分析しているが、日本でもヘイトスピーチなどが問題となりグローバル化の障害となっている。

私は、日本の民主主義の状況は、「建前上の民主主義」だと診断する。

まず、各々の国民が経済的に公権力から独立することで、政治的な思想信条でも独立を保つことができる。一方、資料2にあるような政治のあり方により、各々の国民が経済的に公権力から独立していなければ、自らの生活が特定の政治権力に委ねられることになるため主体的な判断は期待できない。

よって、日本では「建前上の民主主義」といえる。(383)

 

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です