掛け持ち受講で慶應SFC夏AOに合格!

・毎日学習会との出会い
私はもともと他のAO対策塾の指導を受けていたのですが、違う視点を得るために他の塾の指導も受けてみたいと思っていました。ちょうどその時YouTubeで毎日学習会の慶應SFCのAO対策動画を見つけ、それがきっかけとなり受講を決めました。

・志望理由書を書くときに気をつけたこと
自分の今までの経験からどのようなことに対して問題意識を持ったのか、その解決のためにどのようなことを考え、実践してきたのか、さらに大学で何をどのように学び、問題解決に活かしていくのかを具体的に書きました。また「なぜ他大学・他学部ではなくSFCでなければいけないのか」という理由が伝わるように意識しました。

・自由記述を書くときに気をつけたこと
最低限伝えたいこと(自分の経験と強み、問題意識、研究テーマ、SFC入学への熱意など)をフォントサイズや下線、目立つ色を使うなどして強調しました。学習計画は図を使って分かりやすくしながら、取りたい講義や所属希望の研究会まで詳細に記載しました。全体のデザインは自分がエストニアへ留学していたことを伝えたかったため、全体をエストニアの国旗を模した形にしました。使う色は相性の良い色を選び、見やすくなるように工夫しました。

・任意提出資料を書くときに気をつけたこと
今までどのような経験をして、そのプロセスでどのようなことを考え、行動してきたのかが伝わるように意識しました。研究テーマについて詳細に説明する資料では、図などを使いながら読み手が理解しやすいように工夫しました。研究テーマ実現について知識が足りない点があったものの、現時点でできる考察も加えました。全体的なデザインは色やフォントで統一感を持たせながら見やすくなるように気をつけました。

・3分間のプレゼンテーションビデオで気をつけたこと
全ての資料に共通することですが、全体のつながりを意識して、一貫性を持たせるように気をつけました。内容は志望理由、問題意識、研究テーマ、学習計画、自分の目指す未来で、それぞれ図や写真を使って分かりやすくしました。動画の冒頭と最後は、留学中に学んだエストニア語を使って教授の印象に残りやすくなるようにしました。

・合格してからの感想
今回の夏AOでは新型コロナウイルスの影響で面接が中止になってしまい、教授と実際にコミュニケーションを取る機会がありませんでした。そのためまだあまり合格した実感が湧きませんが、教授が自分の資料を見て合格をくれたことに喜びを感じています。夏AOでの面接無しの合否判定は初でしたが、他の合格者の方たちは優秀な人ばかりの印象です。周りに負けないように入学前、入学後も頑張っていきたいと思います。

AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

毎日学習会林代表のいままでがマンガになりました!


AO入試・小論文に関するご相談・10日間無料添削はこちらから

「AO入試、どうしたらいいか分からない……」「小論文、添削してくれる人がいない……」という方は、こちらからご相談ください。
(毎日学習会の代表林が相談対応させていただきます!)

LINEはこちら↓





LINEはこちら↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です