上智大学法学部国際関係法学科・過去問解答例

【上智大学法学部国際関係法学科・過去問解答例】に関するどこよりも詳しい過去問解説を知りたいですか?本カテゴリでは【上智大学法学部国際関係法学科・過去問解答例】を集めました。【上智大学法学部国際関係法学科・過去問解答例】を受験される方は必見です。

上智大学カトリック高等学校特別入試・過去問解答例

2019年 上智大学カトリック高等学校対象特別入学試験 法学部・国際関係法学科 小論文 解答例

問題発見…… 戦中にアジア諸国に対して行った侵略行為について、日本はいくどか謝罪の機会を設けているが、十分に受け入れられていない。 論証…… その理由となるのが、謝罪する行為とそれを批判する行為が、同時に存在していること…

上智大学カトリック高等学校特別入試・志望理由書例

2019年 上智大学カトリック高等学校対象特別入学試験 法学部・国際関係法学科 小論文 解答例

問題発見…… 戦中にアジア諸国に対して行った侵略行為について、日本はいくどか謝罪の機会を設けているが、十分に受け入れられていない。 論証…… その理由となるのが、謝罪する行為とそれを批判する行為が、同時に存在していること…

上智大学推薦入試(AO入試)・入試形式別対策

上智大学 法学部 国際関係法学科 海外就学経験者入試 2016年 小論文 解答例

■設問 以下の文章を読んで、太字・下線部の理由を文脈にしたがって簡潔に説明してください。さらに、グローバル化、テクノロジーの発展などによって、現代社会の問題点がより深刻化する側面と解決が促進される側面について簡潔に説明し…

上智大学推薦入試(AO入試)・入試形式別対策

上智大学 法学部 国際関係法学科 海外就学経験者入試 2018年 小論文 解答例

■設問 問い:次の文章において、「(歴史というのは、)一つの社会過程でありまして、個人は社会的存在としてこの過程に入り込んでいる」(太字下線部)とはどのような意味だろうか。筆者が「偉人」をどのような人だと考えているのか、…

上智大学カトリック高等学校特別入試・過去問解答例

上智大学 法学部 国際関係法学科 カトリック高等学校特別入試 2018年 小論文 解答例

■設問 次の文章を読んで、「少数集団(minority group)」とはアメリカ社会でどのような集団なのか、文中に書かれている叙述に触れながら、分かりやすく説明しなさい。 ■答案構成 5STEPで書く 議論の整理→ 「…

上智大学公募推薦入試・レポート等特定課題解答例

上智大学 法学部 国際関係法学科 レポート等特定課題 2019年 小論文 解答例

■設問 第二次大戦後においては「西側」諸国で、そして冷戦後においては地球規模の世界において、自由貿易と民主主義は国際社会の安定化のための基盤であるという理念が広く共有されてきた。しかし、近年、欧米諸国の一部では、この理念…

上智大学公募制推薦入試・過去問解答例

上智大学 法学部 国際関係法学科 公募制推薦入試 2016年 小論文 解答例

設問 以下は企業の「人材国際化」に関する文章です。グローバル人材とは何か、またその育成の課題と難しさ等についての筆者の主張をまとめたうえで、筆者の主張に対するあなたの考えを述べてください。(800字) 議論の整理→筆者の…

上智大学公募制推薦入試・過去問解答例

上智大学 法学部 国際関係法学科 公募制推薦入試 2018年 小論文 解答例

設問 以下は、核兵器を廃絶すべきかという問いに対して、否定的な立場からの文章です。筆者の主張をまとめたうえで、筆者の主張に対するあなた自身の考えを述べてください。(800字) 議論の整理→本文の整理 筆者は、核兵器の廃絶…

上智大学公募制推薦入試・過去問解答例

上智大学 法学部 国際関係法学科 公募制推薦入試 2017年 小論文 解答例

設問 以下は2016年4月20日『朝日新聞』夕刊3面に掲載された藤原帰一氏による「現代の国際関係抑止戦略の限界に直面」という論説です。その課題文を読み、抑止戦略の有効性と限界について、現代世界に発生している(または発生し…

上智大学推薦入試(AO入試)・入試形式別対策

上智大学 法学部 国際関係法学科 編入学試験 2018年 小論文 解答例

■ 設問 次の文章はスペインの哲学者であるホセ・オルテガ・イ・ガセットが1929年に著した『大衆の反逆』の一部(邦訳)である。これを読んで,下線部「歴史的至上権が崩壊」するとはどういうことなのか,20世紀初頭から半ばにか…